画像をアップロード

手書き書類をAIでデータ化

「AI手書き文字認識サービス」は、 手書き文字の読み取りを行うサービスです。

従来のOCRでは手書き文字の読み取りは困難でしたが、AI(ディープラーニング)を活用することによりこれを可能にしています。

画像をアップロード

認識精度 99.22%

手書き文字を読み取るエンジンには、コージェントラボ社の「Tegaki」エンジンを採用。

「Tegaki」エンジン では、平仮名、片仮名、漢字、数字、アルファベット、記号などさまざまな手書き文字を認識することができます。また、チェックボックス、囲み文字、ボックスキャラクターなど幅広い形式に対応。
様々な帳票を柔軟に読み取ることができます。

※「Tegaki」の認識率について、すべての手書き帳票で初回から99.22%の認識率を保証するものではありません。

画像をアップロード

総合行政ネットワーク
LGWAN対応

地方公共団体を相互に接続する行政専用のネットワークである、LGWANに対応しています。( LGWAN-ASPコード:A801510)
これにより、高いセキュリティー要件が求められる自治体・公共機関での利用にも問題なく対応が可能です。もちろん、LGWANを使用しないインターネットを使用した環境でも動作しますので、民間・公共のいずれの団体様にも安心してご利用いただくことができます。

画像をアップロード

認識結果を確認・修正するべリファイシステム

AIによる認識結果を確認・修正するためのベリファイシステム「Seisho」を標準で提供しています。弊社のデータ入力部門の意見を大きく取り入れた 「Seisho」は、 現場のニーズに併せた機能を多く取り揃えております。また導入された団体様からのご意見を元に日々機能を拡充させています。

安心のセキュリティ対策

「AI手書き文字認識サービス」 では、HTTPS通信の暗号化に加えて「Tegaki」エンジン にデータを送信する前に画像を独自の手法(※)で分割・シャッフルすることによりセキュリティーレベルを向上させています。

※特許出願中(特許2018-242512)

導入事例

現在提供中のサービス

AI手書き文字認識サービス

AIを用いて手書き文字の読み取りを行うサービスです。 従来のOCRでは手書き文字の読み取りは困難でしたが、AI(ディープラーニング)を活用することによりこれを可能にしています。

RPA配信サービス

LGWAN-ASPによる「RPA配信サービス」を2019年10月からテストユーザ向けに提供する予定です。このサービスにより、さらに低コストで効率的にRPAを導入していただけるようになります。

AI要約サービス

最新の自然言語解析技術とAIにより、長い文書を自動要約します。 希望する文字数や圧縮率を指定することで、利用者のニーズに 応じた要約文を生成することができます。

ファイルデリバリサービス

BPO事業者・自治体間 の 「安全」・「確実」・「効率的」 なファイル送受信のプラットフォームを提供します