私たちは、自治体の急速な環境変化に対応するため全国のSIerの力を集結し、新たなソリューションの開発と供給を通じて地方の発展とより豊かな日本社会の構築を目指します。

画像をアップロード

各社の「強み」を「あわせる」エコシステム

Cloud PARKは、ご賛同いただいた各社の「強み」を組み合わせることにより、ユーザーに先進のサービスを提供するためのビジネスエコシステムを創造する取り組みです。 Cloud PARK の主役は、賛同いただく各社です。

関連記事

プレスリリース
Microsoft Azureを活用した「Cloud PARK」の取り組みについて

マイクロソフト 業界別記事
地方自治体におけるデジタル トランスフォーメーションを推進する新たなクラウドサービス ソリューション「Cloud PARK」

画像をアップロード

状況・課題は待ったなし

自治体 を取り巻く状況は、厳しさを増しています。
・ 行政業務の複雑・煩雑・多様化
・ 高度化するIT化要求
・ 人口減少、地方経済の疲弊
・ 税収減少
・ 行政人材の減少
・ コスト削減圧力

さらに、我々SIerは、それ以上に難しい状況に直面しています。
・総務省等による統一システム導入
・コスト削減圧力
・新技術に対応する要員の不足
・要求の複雑・高度化

両者の抱える課題はいまや待ったなしの状況であり、デジタル トランスフォーメーションを一刻も早く推進するために、即効性のあるソリューションが求められています。

デジタルトランスフォーメーションを進めるために

自治体の現場からは、次のような声が聞かれます。

  • デジタル トランスフォーメーションを推進したくとも、目まぐるしい技術進化への対応やセキュリティに対する課題、業務の標準化が未整備であるといった観点から、なかなか手が回らない
  • 効果的に推進するには、どのような取り組みから始めればよいか分からない

また、自治体のデジタル トランスフォーメーションを支援する立場の SIer においても、既存作業との調整や、高度人材の不足などにより、サポート準備ができているとはいえない状況です。 この状況を打破するため、さまざまな関係者の賛同を得て『Cloud PARK』としてクラウド サービス ソリューションを立ち上げました。

取り組みスキーム

「Cloud PARK」は、以下の図のようなスキームで構成されます。

3つの参加形態

「Cloud PARK」には、3つの参加形態があります。いずれの参加形態にも多くのベネフィットがあります。ぜひ、参加をご検討ください。

販売する

Cloud PARKで提供している先進のサービスに付加価値を加えて販売することができます。

提供する

御社で開発したアプリケーションをCloud PARK上で流通させることができます。

開発する

Cloud PARK上で流通させるアプリケーションを開発することができます。

「提供する」及び「開発する」参加形態は現在準備中です。2019年度中のサービス開始を予定しています。

ご興味をお持ちの事業者様は、「お問い合わせ」ボタンよりご連絡をお願い致します。